2010年12月06日

ピアノサークル発表会

今眼科の待合室にいます。待ち時間が長いので携帯でブログへの投稿を書いています。

12月4日、さいたま市のプラザノースでピアノサークルの発表会で演奏しました。
私は福山雅治さんの「蛍」と映画タイタニックのテーマ「マイハートウィルゴーオン」の2曲を弾きました。
退院後2回しかレッスンに出られず2週間しか練習できなかったのですが短期集中で自分なりにできることを頑張りました。

実は「蛍」は弾き語りだったのですが、風邪を弾いて歌声がでなかったので急きょ友人に歌を歌ってもらい私は伴奏のみ弾きました。友人には当日朝にお願いして本番前のリハーサルで一度合わせただけで歌ってもらいました。無理なお願いをきいてくれて下手なピアノに一生懸命合わせて歌ってくれて、ありがとう。


ピアノサークルの参加は夏のピアノパーティー以来で目の手術をしてから初めてサークルの皆さんに会いました。
以前のように仲間のいる場所に戻ってこれて、みんなのピアノを聴くことができて嬉しかったです。

「やめないでね。いろいろ辛いことあると思うけど、ピアノが心の支えになると思うから」とRさんが声をかけてくださったのも嬉しかったです。

Rさんは覚えていないかもしれないけど3年前私の息子が亡くなってから初めてサークルに出てきた時も同じように声をかけてくださったのを私は覚えています。

あの頃は仕事に行くのがやっとで休みの日は家で寝込む日もあった。ピアノの音色に心がやすらぎ、ピアノがどれだけ心の支えになったかわからない。

みんなそれぞれ仕事や家庭などで、いろいろな事情をかかえながら参加していて、ピアノが縁で繋がっている。

私の拙いイラストを発表会のプログラムの表紙に使っていただいたり、場内アナウンスをさせていただいたり、ささやかだけれどお役に立てたこともうれしい。
今年もいろいろあったけれど一年の締めくくりの月にまた素敵な仲間達と楽しく過ごせたことは幸せです。
posted by かのん at 12:11| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

ありがとう by いきものがかり



ありがとう


次に弾く曲は、いきものがかりの「ありがとう」に決めました。

今まで弾いた曲の中で一番長くて、6分くらいあります。

弾き語りなので、歌のキーに合わせて楽譜のコードを書きなおしてもらいました。
先生にお手本を演奏してもらい録音。それを聴いて歌やピアノの練習をしています。


12月にピアノサークルの発表会があるので、それまでに弾けるようになりたい!
posted by かのん at 07:34| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

ピアノパーティー2010

100710_171529.jpg


先週の土曜日、西新宿の白龍館というお店でピアノサークルのパーティがありました。

久しぶりにサークルの仲間に会えてうれしかったです。
ゲストも入れると24名の参加者でにぎやかなパーティでした。

ベーゼンドルファーというピアノを初めて弾きました。
このピアノについて語れるほど知識もないのですが、由緒ある貴重なピアノらしいです。

肝心の演奏は、「君に会うまでは」の弾き語りをしました。
まぁ楽しく弾けましたが、内容的には反省点がいくつかあり、次に生かしたいと思います。


次のサークルの発表会は12月。
ジョン・レノンのHappy Xmasを弾こうかな♪
posted by かのん at 05:46| Comment(1) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

ピアノ椅子

100627_165824.jpg


久しぶりの投稿です。なんと半年ぶり。

引っ越し、離婚といろいろごたごたしていましたが、新生活もなんとか慣れてきました。

引っ越しの時に電子ピアノとピアノ椅子を前の家に置いてきてしまい電子ピアノのかわりにカシオのキーボードで練習していましたが、椅子がなくて困っていました。

このたび、ようやく椅子をゲット!

楽天で購入。2800円で送料込み。

高さ調節もばっちり。やっぱり椅子があると疲れなくていいなぁ。

しばらくさぼっていたピアノの練習も頑張れそうです(^^)












posted by かのん at 17:02| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

ピアノサークル発表会

5日に私が参加しているピアノサークルの3周年記念発表会がありました。

子供の頃習っていた方、大人になってからピアノを始めた方、事情はそれぞれですが、ピアノが好きというのは共通しています。
ジャンルもクラシックにジャズにポップス…と多彩で、演奏形態もソロ・連弾・弾き語りと様々。

091205_123657.jpg

私は「赤いスイートピー」と「オネスティ」を弾き語りで弾きました。

「オネスティ」
弾き語りなのにマイクの電源を入れずに演奏を始めてしまい、はじめからやりなおすというハプニングも。
コードをめちゃめちゃ間違えかなり音をはずしまくりましたが最後まで止まらずに弾きとおせました。
「間違えても止まらずに弾くこと」という先生の言いつけはなんとか守ることができたので、うれしかったです。

「赤いスイートピー」
ピアノ弾き語りで、Dさんのギターと共演。
実はこちらの方がかなり心配でした。なにしろDさんとは当日のリハーサルではじめて1,2回合わせただけでしたので。
でもさすがギター歴○十年のDさん。上手に合わせてくださいました。
私が何度も間違えたのに止まらずに最後まで演奏できたのはDさんのおかげです。
ひとりだったら、きっと止まってしまったと思います。
ギターとの共演はとても楽しかったです♪

もう1曲、「喜びの歌」を弾きました。
3年前、ピアノサークルに入会して初めて参加した練習会で弾いた曲でした。

当時ピアノをはじめて2か月くらい。まだレッスンを受けていなかった頃で、楽譜が読めなくて(今もたいして読めないですが)できるだけやさしい楽譜を入手して練習しました。

初心者・初級者のサークルだと聞いていたのに、練習会に参加してみたら皆さんとても上手でビックリ!
ピアニストでもピアノの先生でもないのに、こんなに上手な人がこの世にこんなにいるんだなぁと。
連弾をしたKさんにいろいろ教えていただいた私が「Kさん、ピアノの先生みたいですね」と言ったら、Kさんが「先生です」「やっぱり!」「冗談ですよ(笑)」という一幕もありました(爆)

サークルに入会したら、こんな上手な人達のピアノが毎月聴けて、いろいろ教えてもらえる。なんて素敵なんだろう思ったものでした。

しかも私のような初心者の拙い演奏にも温かい拍手をしてくださって、仲間として接してくださる優しい方ばかり。
今でも私にとっては皆さん憧れの存在・尊敬の的です黒ハート


さて、次なる目標は1月の教室の発表会。
ライブハウスでの2回目の演奏に向けて練習に励みたいと思います。
posted by かのん at 00:37| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

久々に


ビリー・ザ・ベスト



家でピアノを弾きながら、「HONESTY」を大きな声で歌いました。

家で練習する時は家族に気を遣って、ピアノのボリューム控えめで声も小さく歌うことが多いので、思いきり声を出して歌ったのは久しぶり。

「HONESTY」の後は、「Hey Jude」「君に会うまでは」「赤いスイートピー」「どんなときも。」…次々と歌いまくりました。

「どんなときも。」は、練習はじめたばかりなので、まだつかえながらですけれど。

歌の部分のコードはゲットしたのですが、イントロは楽譜がないので、耳コピかな。

最近いろいろあってレッスンお休みしたり、なかなか練習もできなかったので、思い切り歌って、すっきり!

息子の手術が成功、退院して、ほっとしたというのもありますし。

自転車の事故ですが、命にかかわるケガじゃなくて、よかったです。
posted by かのん at 10:18| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

君に会うまでは

090823_022537.jpg

最近、浜田省吾さんの「君に会うまでは」をほぼ毎日弾いています。

なぜか、この曲を弾いていると、とても幸せな気持ちになります。

自分のハタチくらいの思い出と重なるからかなぁ…

「君に会うまでは」 歌詞

歌詞を見ると、やはりそのくらいの年頃かなぁと。
「少しだけお酒も飲んで〜」というあたりが…(笑)

浜田さんの甘く優しい歌声を聴いていると、誰かを愛しく大切に思う気持に満たされて、心があたたかくなります。


今まで浜田さんの曲をピアノで弾こうと何曲かチャレンジしてきたけど、歯が立たなかった私。

今回は、なんだかいけるかも?というところまでやってきました。
といっても自己満足の世界ですが。

最初は歌いながらコードだけ弾いて、一通りコード進行に慣れたところで、次に右手でメロディ、左手でコードを弾いています。

シンプルだけど、きれいなメロディ。
コードも難しくないし、テンポや曲調も弾いていて心地よい感じなのです。

この曲をなんとかレパートリーにしたいなぁ。

コードは楽譜通り弾いているけど、楽譜があまり読めないので、メロディは耳コピ、アレンジは自己流。
なので人に聴いてもらって鑑賞に堪えうるものかどうかわからないですが。

「君に会うまでは」に関しては、誰かに聴かせるより、自分で楽むだけでもいいかなぁという気がします。

自分の実力を無視して言わせてもらうならば、「家路」とか「初秋」も、いつか弾いてみたいです。






posted by かのん at 23:55| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

赤いスイートピー

090823_014227.jpg

8/9の発表会は、出られませんでした。(ToT)

発表会で弾くはずだった「Honesty」は、次の機会に演奏することに。


8/17のレッスンで、次からレッスンする曲を松田聖子の「赤いスイートピー」の弾き語りに決定。

まずいつものように、いろいろなキーで歌って自分の声にあったキーを探しました。

キーはF。オリジナルはGらしいので、1音低い。

先生に「赤いスイートピー」の楽譜(弾き語りではなく、ピアノソロの楽譜)にコードを書いてもらいました。
それを見ながら今は練習しています。

今まで弾いた曲と同じコードが多いので、弾きやすい。

だけど、歌いながら弾くのは、やはり難しいです。

今苦労しているのは、♪I will follow you〜のところ。

サビの部分で、声も高いし、しっかり歌わないといけないところなので、弾きながら歌うのはやはり大変。

でも逆にここをクリアすれば、あとは難しくない?

というわけで、集中して練習。
posted by かのん at 23:28| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

親子連弾

090711_102844.jpg

娘のピアノ発表会でした。

私も親子連弾で参加。

練習期間が短く大変でしたが、当日のリハーサルではリラックスして集中して弾くことができて、今までで最高の出来でした!

本番では少し間違えましたが… 私が(汗)

親子で練習したことも、きっとよい思い出になるでしょう。

曲は「思い出のアルバム」でした。



ソロ演奏では、娘は「大きな古時計」を弾きました。

ステージ上で演奏直前にちょっとしたハプニングがありました。
客席で見ている私は思わず駆け寄りたい気持ちをぐっとこらえ見守っていたところ、娘は動揺もせず堂々と最後まで落ち着いて弾き終えました。

よくハプニングにもめげずに頑張ったなぁ。成長したねぇ
と、母はうれしく思ったのでした。

090711_165241.jpg
お疲れさま!
posted by かのん at 23:59| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

発表会の曲

090709_005447.jpg

今日のピアノレッスンで、8月の発表会に演奏する曲を決めました。

弾き語りで
「Hey Jude」
「Honesty」の2曲。

Hey Judeは、前に弾いた曲だし今も時々弾いているので大丈夫かな?

Honestyは、ようやく出てくるコードを覚えて、たどたどしく1曲通して弾けるようになったところ。

あとは歌詞をちゃんと覚えて、コード進行もしっかり頭に入れて…

歌の練習のために、先生がピアノを弾いて録音してくださったので、それを聴きながら練習をすることに。

確か1月の発表会の時も弾き語りで、英語の歌詞が覚えられず苦労したので、次は日本語の歌にしようと思ったのですが・・・

懲りずに英語の曲を選んでしまい、苦労してます(汗)

ただやみくもに繰り返し聴いたり歌ったりしても、なかなか覚えられない。

ということは前回学習したので、もう少し何か覚えやすい工夫はないものか、模索中。
posted by かのん at 23:49| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

ピアノパーティー

ピアノサークルのピアノパーティに参加しました。

場所は浦和のグッディーズ・カフェさん。

090704_134333.jpg
準備中の店内


おいしいお料理&お酒をいただきながら、おしゃべりとピアノ演奏を楽しみました。
楽しい時間はあっという間ですよねぇ。


090704_135917.jpg
このピアノを弾きました。



それぞれの演奏はひとりひとり違っていて、その人となりが出ていて味わいがあり素敵。

私は今日は疲れていて気が乗らなかったのでソロ演奏は遠慮しました。
自分なりに精一杯練習してきたのに、ピアノ以外のことで疲れていて、なんとなく燃え尽きたようにぼうっとしていました。

でも仲間とのおしゃべりやピアノの音色で癒され、パワーを充電された気がしました。

ピアノと素敵な仲間との出会いに感謝です。

自分が掲げたささやかな目標や夢に向かって、また明日から一歩一歩頑張ろう!


次の土曜日は娘のピアノ発表会。
私も親子連弾で「思い出のアルバム」を一緒に弾きます。










posted by かのん at 23:18| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

リチャード・クレイダーマン

22216709.jpg

初めてリチャード・クレイダーマンのコンサートに行ってきました。
チケットは懸賞で当ったもの。ラッキー♪

にわかファンなので…あらかじめ事前にCDを聴いてみたら、聴き覚えがある曲がたくさんありました。
あちこちでBGMとして流れているから、知らず知らずのうちに耳にしているのですよね。
あらためて、いかに彼の曲が広く親しまれているかを再認識しました。

観客席には子供からお年寄りまで幅広い世代の方が。
ステージ上には、クレイダーマンのピアノの他にはパーカッション一人、ストリングス三人というシンプルな構成でした。


演奏のテクニックがどうのこうのと難しいことはわからないですが、もともとクラシック界でも将来を嘱望されていた優秀な方だそうです。
ポピュラーに転身して大成功を収めたわけですが、しっかりした基礎と確かなテクニックがあるから、あんなにも多彩なジャンルの曲を弾きこなせるのでしょうね。

ピアノの演奏を聴くためには、知識がなければとか、そんな堅苦しさや敷居の高さのあるイメージの方も多いと思いますが、クレイダーマンの演奏はとても美しく素敵で親しみやすく純粋に楽しくて癒されました。
思わず引き込まれ2時間があっという間でした!



演奏された曲のリスト

----------------------------------

怒れる若者
秋のささやき
ビートルズ・メドレー
 Yesterday
 Hey Jude
 Get Back
 The Long And Winding Road
ソネチネの詩
星のセレナーデ
夢の中のウエディング
星空のピアニスト
ミレニアム・エンジェル
ノスタルジー
ルート・ビア・ラヴ
黄土高原
母に捧げる歌

(休憩)

復活
千の風になって
マイ・トラヴェリング・スター
花 すべての人の心に花を
アラベスクの舞い
スペインの花園
コラソン・デ・ニーニョ(少年の心)
Let The Sunshine In
渚のアデリーヌ

(プレゼント・タイム)

AULD LANG SYNE 蛍の光

----------------------------------


「渚のアデリーヌ」初めて生で聴けて感激でした♪


プレゼントタイムにはプレゼントを持参したファンが列に並び、ステージに上がり、クレイダーマンにプレゼントを手渡ししていました。
ファンにとっては至近距離でクレイダーマンに会える貴重な機会でしょう。
私も持参すればよかった〜と、ちょっとうらやましく思いました(笑)



コンサートにご一緒してくださったDさんからクレイダーマンの楽譜をお借りしました。

今すぐはとても弾けないですが、いつかチャレンジしてみたいです。
posted by かのん at 11:06| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

ラ・フォル・ジュルネ2009

P506iC0020906389.jpg

携帯から投稿です。

東京国際フォーラムで開催中のラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭に来ています。雨にもかかわらず大勢の人で賑わっています。
続きは帰宅してから書きます。

-----------
続きです。

今年のLFJのテーマは「バッハとヨーロッパ」


私が鑑賞したコンサートは、宗教音楽の世界的大家でもあるミシェル・コルボ指揮による「ミサ曲ト短調」と「カンタータ第78番」

声楽も宗教音楽も生で聴くのは初めてなので事前にLFJの公式ページで情報をチェック。

「プログラムは「ミサ曲ト短調」と「カンタータ第78番」の抜粋で、複数の自作カンタータから抜粋した6曲からなる「ト短調」は、今年のナントでもコルボが指揮して大好評でした。
優美で透明なハーモニーによって紡がれる静かな祈りの音楽は、バッハとコルボの魅力を最良の形で伝える…(以下省略)」

ということで楽しみにしていました。

しかし…
あまりにも美しい歌声の心地よさと寝不足のため、開演後すぐに夢の中へ…
コメントする言葉がありません。。


プログラムと出演者は次の通り。

J.S.バッハ:ミサ曲 ト短調 BWV235
J.S.バッハ:カンタータ「イエスよ、わが魂を」BWV78 より デュエット、コラール

シルヴィ・ヴェルメイユ(ソプラノ)
ヴァレリー・ボナール(アルト)
ジャッキー・カアン(アルト)
マティアス・ロイサー(テノール)
ファブリス・エヨーズ(バリトン)
ローザンヌ声楽・器楽アンサンブル
ミシェル・コルボ(指揮)



P1000003.JPG
ホールAでコンサート鑑賞後は、会場の国際フォーラムや周辺エリアを探索。無料コンサートを楽しみました。
バッハといってもごく一部の曲しか知らない私には、知らない曲がたくさん聴けて新鮮でした。




売店で小澤一雄さんのサイン会に遭遇。
素敵な似顔絵入りサインをいただきました!
LFJ2.jpg
娘とバッハが連弾の絵です。
目の前であっという間に描いてくださいました。
ユーモアと夢がいっぱいの小澤さんのイラストに、周りの人達も「うわぁ〜すてき!」「いいなぁ」と思わず声をあげていました。

小澤一雄さんは音楽関係のイラストなどの作品を多く発表されています。
5/18-23 お茶の水の世界観ギャラリーで個展があるそうなので、お近くの方はぜひ足を運んでみてください♪
きっと楽しい時間が過ごせますよ。


P1000010.JPG
丸ビルで6日まで開催中「のだめカンタービレ♪ワールド」
マングースの着ぐるみは大人気で写真を撮る人がたくさん並んでいました。


P1000015.JPG
締めくくりは、伊賀あゆみさん(ピアノ)&大塚茜さん(フルート)の演奏で「アベマリア」を鑑賞した後、穏やかで幸せな気持ちで帰途へ。


LFJ1.jpg
記念に買ったミニタオル
LFJ公式CDが欲しかったのですが完売でした。


お・ま・け
LFJ3.jpg
娘のおみやげに買った「ごはんぢゃワン」のご飯茶碗(笑)
国際フォーラム内ごはんミュージアムのお店で買いました。
posted by かのん at 17:39| Comment(3) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

2/3のレッスン(If We Hold On Together)

<レッスン・メモ>

・「ピアノのテクニック」指をほぐす練習(その1)の10。
OKをもらえず。やり直し。
リズムが難しい。頭では理解しても体がついていかない…ふらふら;
やはり地道な練習しかない。

・メジャーコードとマイナーコード。
家で曲を弾く前に、コードの練習をすること。

・「If We Hold On Together」のコードを確認。
右手でメロディ、左手でコードを弾く。
次回までに両手で弾けるように、家で練習すること。



この曲が終わったら、次は…

なんと、長年の憧れ ビリー・ジョエル「Honesty」の弾き語りに挑戦!exclamation

20090203.jpg

「Hey Jude」で苦労したので、英語の歌詞を歌うのはやめよう、なんて言っていたのに〜カラオケ

でも、この曲ならなんとかなるかも??

なにしろ中学生の頃から、20数年聴いているのだから。音楽

この頃は聴いてなかったので忘れている部分も多いけど、また聴けばきっと思い出すはず?

実は、この曲にチャレンジするのは、もっとずうっと先のことかと思っていました。

何気にレッスンの時に「ビリー・ジョエル好きなんですよぉ。Honestyとか…」と先生に言ったら、じゃあやってみましょう♪ということになって。

ええ〜?いいんですかexclamation&questionこの私がHonesty弾いてもいいんですかぁ〜exclamation&question

うわぁ〜楽しみexclamation×2

おっと、その前に今やっている曲に全力投球ですよね!

「ピアノのテクニック」も頑張らなくちゃ〜!るんるん


posted by かのん at 23:46| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

If We Hold On Together

P506iC0008781980.jpg

新しく練習を始めた曲は、ダイアナ・ロスの「If We Hold On Together」

この曲は好きで、ずっと前から弾きたいな〜と思っていました。

ダイアナ・ロスの優しい歌声に癒されます。

原曲のイメージを壊さないように、ピアノでも優しい音色を奏でられたらいいな〜と思います。

次回のレッスンまでの目標は、メロディとコードを通して弾けるようにすること。

私が持っている楽譜では、(A)から(E)まであって、今日は(A)から(C)まで弾きました。

楽譜を読むのは苦手ですが…
CDを聴いたり、ピアノに触れない時は楽譜を見てピアノの音色をイメージしながら歌ったりしています。
posted by かのん at 22:45| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

1/27のレッスン(今後の方針)

20090128.jpg

27日は、ピアノレッスンの日でした。
数日前の発表会の余韻がまだ残っているライブハウス・エリントンへ♪


発表会で一区切りついたので、今後のレッスンについて先生と打ち合わせしました。

その結果、今後も今まで通り…

@「ピアノのテクニック」で基礎練習
Aコードの勉強
B好きな曲を練習しながらAを実践し身につけていく


という3本立てで行くことになりました。


レッスン後、あったか〜いウーロン茶とお菓子をいただきました。喫茶店
店のカウンターの隅でノートパソコンに向かっていたMさんに話しかけると、Mさんはパソコンでエリントンのホームページを作っていました。
ホームページに載せる写真も彼女が撮っているそうです。
そういえば、発表会の時もカメラマンのように動き回り写真を撮っていました。カメラ

Mさんの一眼レフのデジカメに興味しんしんな私。
いろいろ質問したら、カメラについて熱く語ってくださったMさんぴかぴか(新しい)
またいろいろ教えてくださいね黒ハート

先生とMさんの承諾を得ましたので、ブログからライブハウス・エリントンへのリンクを張らせていただくことになりました。

ライブハウス・エリントン
http://ageo-ellington.sakura.ne.jp/


発表会の様子は、「ニュース」のページから「レッスンニュース」をクリックしてくださいね。
Mさんが撮った写真もぜひご覧ください。
楽しい発表会の様子が伝わると思います。
posted by かのん at 23:53| Comment(2) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

ライブハウスで発表会

ピアノを習っているライブハウスで発表会に初参加しました。
演奏曲はビートルズの「Hey Jude」弾き語り。

実は、先週のピアノサークルの練習会で、この曲を演奏したのですが、音ははずすし、リズムは狂うでボロボロでした。もうやだ〜(悲しい顔)

その時の反省をもとに練習して迎えた今日。

20090124.jpg

リハーサルの時はものすごく緊張しちゃって、ドキドキでした。
途中で止まった時に、誰かの「大丈夫。行っちゃえ〜」という声が聞こえて、肩の力が抜けました。

本番では大きな失敗もなく、とても楽しく演奏できました♪
一緒に歌ってくれる声が聞こえて嬉しかったです。わーい(嬉しい顔)

練習した分の力はほぼ出し切れたし、楽しく演奏できたのでよかったです。

ジャズ・ピアノを習い始めて数か月という生徒さんがとても上手だったので、びっくりしました。
きっと「これが弾きたい!」という目的がはっきりしているから一生懸命練習して上達も早いのかな?

ピアノだけでなくボーカルの生徒さんの発表もありました。
ボーカルも素晴らしかったのですが、伴奏をされていた先生のピアノを弾く手に目は釘づけでした。
あ〜、あんなふうに自由自在に弾けるようになったらなぁ!

小さなライブハウスなので、20人ほどでいっぱいだったでしょうか?
初めて会う人ばかりでしたが、「よかったですよ」「素敵でしたよ」などと声をかけたり、かけられたり。
和やかでアットホームな雰囲気の中で、とても楽しい時間を過ごすことができました。

応援にかけつけてくださったピアノサークルのDさん、Nさん、Rさん、お忙しい中、本当にありがとうございました!m(__)m
とてもとても心強かったです!

200901241.jpg

自宅練習の時は、本番に備えマイクをセットして練習しました。
マイクの電源は入っていません。
この状態で練習したお陰で、本番ではマイクで手元が見えにくくても戸惑うことなく演奏できました。

それと、テンポがだんだん速くなったりするので、録音してチェックして、速くならないように気をつけました。

コードの押さえ間違いが結構多かったので、手元を見ないで弾けるまで練習しました。

英語の歌詞はどうしても覚えきれず見ながらの演奏でしたが、コードだけは覚えられたので、焦らずに演奏できました。

歌詞を完璧に覚えていたら、もっと余裕をもっていい演奏ができたと思いますが…
2か月間、通勤時に毎朝毎晩CDを聴きながら歌ったのに覚えられませんでした。

次に弾き語りをするときは、日本語の歌詞にしようと思います(^^;)





posted by かのん at 23:55| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

C7とF7

明けましておめでとうございます。
今年初めての更新です。
年が明けて10日も過ぎてしまいました。

osechi2009.jpg

写真は義実家でいただいたお節です。
2万か3万円のお節が、1時間ほどで4人のお腹におさまってしまいました。

さて、そろそろお正月気分も抜け日常に戻ったところで部屋を見渡せば、相変わらず引っ越しの段ボール箱の山に囲まれ暮しています。

昨年暮れに引っ越しして、お正月は義実家に泊まっていたし、自宅に戻った翌日から仕事で忙しくて、荷物がほとんど片付いていません。

段ボールの中はほとんど本ですが、収納する本棚等がないので、そのままになっています。



夜、仕事から帰宅し、家事(といっても最低限の)が一段落すると、段ボールの山をかきわけ、ピアノに向かいます。

今弾いているのは、昨年に引き続き「Hey Jude」の弾き語りるんるん

自分はポール・マッカートニーのつもりで弾いているのだけど、ビートルズ・マニアの夫に言わせると、まだまだ甘いそうです。

C7のコードが押さえられずCで弾いたり、原曲ではF7なのにFで弾いちゃったりしているところを、突っ込まれた。

私レベルで難しいことに挑戦して失敗する危険を回避して、安全策を取ったのですが、単に努力を怠っているのかも…と反省して、ここ数日C7とF7にも挑戦しています。

で、なんとかできるようになってきました。

やっぱりコツコツ毎日練習が大切。

時間がないなりに、10分でも20分でも練習を続ければ、少しずつできるものなのですね。


そういえば、12月のレッスンで、先生に「すごく上達しましたね!頑張ってたくさん練習しましたね!」と、初めて褒められました。

先生の予想以上の出来だったらしく、驚きの混じったような様子。


その時は、引っ越しの準備や仕事で忙しい中、私なりに頑張って練習して行ったけど、そんなことは一言も言わなかったのに。

やっぱり演奏を聴けば、ちゃんと練習したかどうかわかるのですよね。


練習不足の言い訳をするのは嫌い。
演奏を聴けば、すべてわかってしまうから、言い訳なんて意味がない。


先生はやさしいので練習不足でも怒ったりしないけど、毎回、練習の大切さを根気よく静かに話してくれる。

どうやら私は教室でも1,2を争うくらい?世話のやける生徒らしい。
posted by かのん at 23:59| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

引っ越し

久々の更新〜。

piano.JPG

更新してなかった第一の理由は引っ越し。

引っ越し先が前の住居より狭いため、電子ピアノが置けるかどうか心配でした。

なんとか電子ピアノの置き場を強引に確保!
まだ段ボール箱の山を踏み越えなければピアノにたどりつけませんが、とりあえず、弾ける状態にしました。

引っ越しは何回もしているけど、今回の引っ越しが一番大変だったかも?
大変だった理由はいろいろあるけど…長くなるので、省略。



ところで、この写真、ちょっとあやしくないですか?

bike.JPG

引っ越屋さんにお願いするお金がなかったので、大きな荷物を赤帽さんに運んでもらい、残りは自分で運びました。
新住居が徒歩5分ほどしか離れていないこともあり、自転車にめいっぱい荷物を積んで、仕事が終わった後の夜中や休日に運んだりしました。

なんか夜逃げみたいで、ちょっと恥ずかしかったです(^^;)

posted by かのん at 22:57| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

勘違い!

大人のピアノ悠々塾基礎編

12月のピアノサークルのコンサートに2曲エントリーしました。

1曲は、「My Heart Will Go On」
セリーヌ・ディオンが歌う映画「タイタニックのテーマ」

もう1曲のタイトルは秘密です。

「My Heart Will Go On」は数ヶ月前から時々弾いているので、すっかり覚えたつもりで暗譜で弾いていました。

「大人のピアノ悠々塾基礎編」という本に載っている楽譜を使っているのですが、この本についているCDを久しぶりに聴いたら、違和感が。

なんか私の演奏と微妙に違う?

楽譜を見ながら聴いてみたら・・・なんと私は1小節抜かして弾いていることに気づきました。

自分で作曲していたのです! がく〜(落胆した顔)

私は楽譜を読むのが苦手で、楽譜を見ながら弾くのが苦痛。
ある程度覚えてしまうと、見ながら弾くのが面倒になって、楽譜をよく見ないで弾いてしまいます。

読み間違えたり、思い込みで弾いてしまったりした時は、今まではレッスンで先生に指摘されて気づいたのですが、今回はこの曲でレッスンを受けたことはありませんでした。

とはいえ、しっかり楽譜を見ていれば自分で気づけたはずです。
苦手でも頑張って楽譜を見ながら弾こう!と思った出来事でした。

コンサートまで1ヶ月切りました。
今気づいてよかったです!わーい(嬉しい顔)
posted by かのん at 17:18| Comment(3) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。