2009年05月24日

リチャード・クレイダーマン

22216709.jpg

初めてリチャード・クレイダーマンのコンサートに行ってきました。
チケットは懸賞で当ったもの。ラッキー♪

にわかファンなので…あらかじめ事前にCDを聴いてみたら、聴き覚えがある曲がたくさんありました。
あちこちでBGMとして流れているから、知らず知らずのうちに耳にしているのですよね。
あらためて、いかに彼の曲が広く親しまれているかを再認識しました。

観客席には子供からお年寄りまで幅広い世代の方が。
ステージ上には、クレイダーマンのピアノの他にはパーカッション一人、ストリングス三人というシンプルな構成でした。


演奏のテクニックがどうのこうのと難しいことはわからないですが、もともとクラシック界でも将来を嘱望されていた優秀な方だそうです。
ポピュラーに転身して大成功を収めたわけですが、しっかりした基礎と確かなテクニックがあるから、あんなにも多彩なジャンルの曲を弾きこなせるのでしょうね。

ピアノの演奏を聴くためには、知識がなければとか、そんな堅苦しさや敷居の高さのあるイメージの方も多いと思いますが、クレイダーマンの演奏はとても美しく素敵で親しみやすく純粋に楽しくて癒されました。
思わず引き込まれ2時間があっという間でした!



演奏された曲のリスト

----------------------------------

怒れる若者
秋のささやき
ビートルズ・メドレー
 Yesterday
 Hey Jude
 Get Back
 The Long And Winding Road
ソネチネの詩
星のセレナーデ
夢の中のウエディング
星空のピアニスト
ミレニアム・エンジェル
ノスタルジー
ルート・ビア・ラヴ
黄土高原
母に捧げる歌

(休憩)

復活
千の風になって
マイ・トラヴェリング・スター
花 すべての人の心に花を
アラベスクの舞い
スペインの花園
コラソン・デ・ニーニョ(少年の心)
Let The Sunshine In
渚のアデリーヌ

(プレゼント・タイム)

AULD LANG SYNE 蛍の光

----------------------------------


「渚のアデリーヌ」初めて生で聴けて感激でした♪


プレゼントタイムにはプレゼントを持参したファンが列に並び、ステージに上がり、クレイダーマンにプレゼントを手渡ししていました。
ファンにとっては至近距離でクレイダーマンに会える貴重な機会でしょう。
私も持参すればよかった〜と、ちょっとうらやましく思いました(笑)



コンサートにご一緒してくださったDさんからクレイダーマンの楽譜をお借りしました。

今すぐはとても弾けないですが、いつかチャレンジしてみたいです。
posted by かのん at 11:06| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。