2009年01月10日

C7とF7

明けましておめでとうございます。
今年初めての更新です。
年が明けて10日も過ぎてしまいました。

osechi2009.jpg

写真は義実家でいただいたお節です。
2万か3万円のお節が、1時間ほどで4人のお腹におさまってしまいました。

さて、そろそろお正月気分も抜け日常に戻ったところで部屋を見渡せば、相変わらず引っ越しの段ボール箱の山に囲まれ暮しています。

昨年暮れに引っ越しして、お正月は義実家に泊まっていたし、自宅に戻った翌日から仕事で忙しくて、荷物がほとんど片付いていません。

段ボールの中はほとんど本ですが、収納する本棚等がないので、そのままになっています。



夜、仕事から帰宅し、家事(といっても最低限の)が一段落すると、段ボールの山をかきわけ、ピアノに向かいます。

今弾いているのは、昨年に引き続き「Hey Jude」の弾き語りるんるん

自分はポール・マッカートニーのつもりで弾いているのだけど、ビートルズ・マニアの夫に言わせると、まだまだ甘いそうです。

C7のコードが押さえられずCで弾いたり、原曲ではF7なのにFで弾いちゃったりしているところを、突っ込まれた。

私レベルで難しいことに挑戦して失敗する危険を回避して、安全策を取ったのですが、単に努力を怠っているのかも…と反省して、ここ数日C7とF7にも挑戦しています。

で、なんとかできるようになってきました。

やっぱりコツコツ毎日練習が大切。

時間がないなりに、10分でも20分でも練習を続ければ、少しずつできるものなのですね。


そういえば、12月のレッスンで、先生に「すごく上達しましたね!頑張ってたくさん練習しましたね!」と、初めて褒められました。

先生の予想以上の出来だったらしく、驚きの混じったような様子。


その時は、引っ越しの準備や仕事で忙しい中、私なりに頑張って練習して行ったけど、そんなことは一言も言わなかったのに。

やっぱり演奏を聴けば、ちゃんと練習したかどうかわかるのですよね。


練習不足の言い訳をするのは嫌い。
演奏を聴けば、すべてわかってしまうから、言い訳なんて意味がない。


先生はやさしいので練習不足でも怒ったりしないけど、毎回、練習の大切さを根気よく静かに話してくれる。

どうやら私は教室でも1,2を争うくらい?世話のやける生徒らしい。
posted by かのん at 23:59| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。