2008年11月09日

勘違い!

大人のピアノ悠々塾基礎編

12月のピアノサークルのコンサートに2曲エントリーしました。

1曲は、「My Heart Will Go On」
セリーヌ・ディオンが歌う映画「タイタニックのテーマ」

もう1曲のタイトルは秘密です。

「My Heart Will Go On」は数ヶ月前から時々弾いているので、すっかり覚えたつもりで暗譜で弾いていました。

「大人のピアノ悠々塾基礎編」という本に載っている楽譜を使っているのですが、この本についているCDを久しぶりに聴いたら、違和感が。

なんか私の演奏と微妙に違う?

楽譜を見ながら聴いてみたら・・・なんと私は1小節抜かして弾いていることに気づきました。

自分で作曲していたのです! がく〜(落胆した顔)

私は楽譜を読むのが苦手で、楽譜を見ながら弾くのが苦痛。
ある程度覚えてしまうと、見ながら弾くのが面倒になって、楽譜をよく見ないで弾いてしまいます。

読み間違えたり、思い込みで弾いてしまったりした時は、今まではレッスンで先生に指摘されて気づいたのですが、今回はこの曲でレッスンを受けたことはありませんでした。

とはいえ、しっかり楽譜を見ていれば自分で気づけたはずです。
苦手でも頑張って楽譜を見ながら弾こう!と思った出来事でした。

コンサートまで1ヶ月切りました。
今気づいてよかったです!わーい(嬉しい顔)
posted by かのん at 17:18| Comment(3) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かのんさん 練習会お疲れ様です!
練習方法は、パターンを変えてした方が良いですよ! 完全に暗譜していても、必ず譜面を見ながらの練習は取り入れています!
あとは、左手だけ練習、右手だけ練習
メトロノームを使ってのテンポ練習や弾く曲の調の音階練習をして、”登場人物”を把握!あと、テンポを”超〜スロウ”にして弾いてみると新たな発見などがあり面白いです。色々試してみて下さい。
いつも同じ練習方法だと、マンネリ化してしまいます!
先生に模範演奏してもらい、録音してみたら? 行き詰まった時に参考になります。
あと面白いのは。。。
例えば、ハ長調の曲は最初から最後まで「ハ長調」ではありません!
転調といい他の調に例えばト長調等に、いつの間にか、変わっています。ので。。。
転調分けして、譜面に書き込んでおきます。各調のイメージを音階や他の曲などで、自分の中で描いておくと、曲作りに役立ちます!
Posted by 如月 at 2008年11月10日 00:25
如月さん

練習方法についてアドバイスありがとうございます。

片手だけ練習や、ゆっくり弾く練習など
先生にも言われていたのですが・・・
ついついマンネリ化していました。

これからは、暗譜していても譜面を見て弾く練習は
怠らないようにしようと思います。
Posted by かのん at 2008年11月11日 00:08
はじめまして kと言います

最近ピアノをはじめて
悪戦苦闘しております
息抜きにいろんなサイトさまをのぞいては
元気をたくさん頂いて

私も楽譜を見ながら弾くことができません
指や頭に叩き込んで
その後はほとんどみないことが多いです
同じ悩みをもったかたがいらして
孤独感から少し解放されました
ありがとうございます

図々しくコメント すみません<m(__)m>
またお邪魔させてください<m(__)m>
Posted by at 2008年12月04日 14:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。