2008年07月19日

新しい先生

pianotecnic.jpg

エルネスト ヴァン ド ヴェルド (著), 安川 加寿子 (翻訳)
「ピアノのテクニック」



8月から新しい先生について、ピアノレッスンを受けることになりました。上の写真は、レッスンで使うテキスト。


先日、近道をしようと思って、知らない路地に入った時、偶然見つけたライブハウス。
そこのマスターがピアノを教えていらして、レッスンをお願いすることになったのです。


最初の電話をかける時は、とってもドキドキしました。
でも、何事も行動しなければ、進まない!と、勇気を振り絞り…

訪れたライブハウスの雰囲気はとてもアットホームな感じで、マスターもフレンドリーな方でした。

ポピュラーの好きな曲が弾けるようになりたい。
バンドで演奏が楽しめるようになりたい等
要望を伝えると、快く引き受けてくださいました。

ちょうど平日にもう一日レッスン日を増やすことになったということで、希望通り夜8時からの枠を取ることができました。


偶然の出会いと、ほんの少しの勇気で、思いがけずラッキーな展開に♪



当分の目標は今年中に、ビートルズの「Hey Jude」の弾き語りができるようになることです。


posted by かのん at 00:02| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。