2009年01月28日

1/27のレッスン(今後の方針)

20090128.jpg

27日は、ピアノレッスンの日でした。
数日前の発表会の余韻がまだ残っているライブハウス・エリントンへ♪


発表会で一区切りついたので、今後のレッスンについて先生と打ち合わせしました。

その結果、今後も今まで通り…

@「ピアノのテクニック」で基礎練習
Aコードの勉強
B好きな曲を練習しながらAを実践し身につけていく


という3本立てで行くことになりました。


レッスン後、あったか〜いウーロン茶とお菓子をいただきました。喫茶店
店のカウンターの隅でノートパソコンに向かっていたMさんに話しかけると、Mさんはパソコンでエリントンのホームページを作っていました。
ホームページに載せる写真も彼女が撮っているそうです。
そういえば、発表会の時もカメラマンのように動き回り写真を撮っていました。カメラ

Mさんの一眼レフのデジカメに興味しんしんな私。
いろいろ質問したら、カメラについて熱く語ってくださったMさんぴかぴか(新しい)
またいろいろ教えてくださいね黒ハート

先生とMさんの承諾を得ましたので、ブログからライブハウス・エリントンへのリンクを張らせていただくことになりました。

ライブハウス・エリントン
http://ageo-ellington.sakura.ne.jp/


発表会の様子は、「ニュース」のページから「レッスンニュース」をクリックしてくださいね。
Mさんが撮った写真もぜひご覧ください。
楽しい発表会の様子が伝わると思います。
posted by かのん at 23:53| Comment(2) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

ライブハウスで発表会

ピアノを習っているライブハウスで発表会に初参加しました。
演奏曲はビートルズの「Hey Jude」弾き語り。

実は、先週のピアノサークルの練習会で、この曲を演奏したのですが、音ははずすし、リズムは狂うでボロボロでした。もうやだ〜(悲しい顔)

その時の反省をもとに練習して迎えた今日。

20090124.jpg

リハーサルの時はものすごく緊張しちゃって、ドキドキでした。
途中で止まった時に、誰かの「大丈夫。行っちゃえ〜」という声が聞こえて、肩の力が抜けました。

本番では大きな失敗もなく、とても楽しく演奏できました♪
一緒に歌ってくれる声が聞こえて嬉しかったです。わーい(嬉しい顔)

練習した分の力はほぼ出し切れたし、楽しく演奏できたのでよかったです。

ジャズ・ピアノを習い始めて数か月という生徒さんがとても上手だったので、びっくりしました。
きっと「これが弾きたい!」という目的がはっきりしているから一生懸命練習して上達も早いのかな?

ピアノだけでなくボーカルの生徒さんの発表もありました。
ボーカルも素晴らしかったのですが、伴奏をされていた先生のピアノを弾く手に目は釘づけでした。
あ〜、あんなふうに自由自在に弾けるようになったらなぁ!

小さなライブハウスなので、20人ほどでいっぱいだったでしょうか?
初めて会う人ばかりでしたが、「よかったですよ」「素敵でしたよ」などと声をかけたり、かけられたり。
和やかでアットホームな雰囲気の中で、とても楽しい時間を過ごすことができました。

応援にかけつけてくださったピアノサークルのDさん、Nさん、Rさん、お忙しい中、本当にありがとうございました!m(__)m
とてもとても心強かったです!

200901241.jpg

自宅練習の時は、本番に備えマイクをセットして練習しました。
マイクの電源は入っていません。
この状態で練習したお陰で、本番ではマイクで手元が見えにくくても戸惑うことなく演奏できました。

それと、テンポがだんだん速くなったりするので、録音してチェックして、速くならないように気をつけました。

コードの押さえ間違いが結構多かったので、手元を見ないで弾けるまで練習しました。

英語の歌詞はどうしても覚えきれず見ながらの演奏でしたが、コードだけは覚えられたので、焦らずに演奏できました。

歌詞を完璧に覚えていたら、もっと余裕をもっていい演奏ができたと思いますが…
2か月間、通勤時に毎朝毎晩CDを聴きながら歌ったのに覚えられませんでした。

次に弾き語りをするときは、日本語の歌詞にしようと思います(^^;)





posted by かのん at 23:55| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

涙そうそう&桜(独唱)

お正月中は義実家にいたのでピアノが弾けなくて、持参した奏生(かない)を気分転換に弾いたりしていました。

奏生では、ずっと馬鹿の一つ覚えの「涙そうそう」ばかり弾いていましたが、新しく「桜(独唱)」にチャレンジ。

どうも音がきれいに出ないなぁと思ったら、弦がちゃんと押さえられてなかったみたい(^^;)

奏生は初心者にも弾きやすい楽器ですが、きれいに音を出すには、それなりの練習が必要だと思います。

どんな楽器でも、奥が深いんですよね。

奏生も奥が深いのですが、他の楽器に比べると初心者のハードルが低いので、ギターで挫折した私でも、挫折することなく楽しんでいます。

台所でゆで卵ができるまでの10分とか、お風呂が沸くまであと15分とか、ちょっとした合間に、さっと取り出して1曲弾いてみたり…
気軽に弾けるのが嬉しい。わーい(嬉しい顔)

「桜(独唱)」が弾けるようになったら、次はスピッツの「チェリー」や、聖子ちゃんの「赤いスイートピー」を練習したいです♪

catandkanai.jpg

「なんだ〜これは?」奏生に興味しんしん(?)の猫トム

posted by かのん at 20:48| Comment(2) | 奏生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

C7とF7

明けましておめでとうございます。
今年初めての更新です。
年が明けて10日も過ぎてしまいました。

osechi2009.jpg

写真は義実家でいただいたお節です。
2万か3万円のお節が、1時間ほどで4人のお腹におさまってしまいました。

さて、そろそろお正月気分も抜け日常に戻ったところで部屋を見渡せば、相変わらず引っ越しの段ボール箱の山に囲まれ暮しています。

昨年暮れに引っ越しして、お正月は義実家に泊まっていたし、自宅に戻った翌日から仕事で忙しくて、荷物がほとんど片付いていません。

段ボールの中はほとんど本ですが、収納する本棚等がないので、そのままになっています。



夜、仕事から帰宅し、家事(といっても最低限の)が一段落すると、段ボールの山をかきわけ、ピアノに向かいます。

今弾いているのは、昨年に引き続き「Hey Jude」の弾き語りるんるん

自分はポール・マッカートニーのつもりで弾いているのだけど、ビートルズ・マニアの夫に言わせると、まだまだ甘いそうです。

C7のコードが押さえられずCで弾いたり、原曲ではF7なのにFで弾いちゃったりしているところを、突っ込まれた。

私レベルで難しいことに挑戦して失敗する危険を回避して、安全策を取ったのですが、単に努力を怠っているのかも…と反省して、ここ数日C7とF7にも挑戦しています。

で、なんとかできるようになってきました。

やっぱりコツコツ毎日練習が大切。

時間がないなりに、10分でも20分でも練習を続ければ、少しずつできるものなのですね。


そういえば、12月のレッスンで、先生に「すごく上達しましたね!頑張ってたくさん練習しましたね!」と、初めて褒められました。

先生の予想以上の出来だったらしく、驚きの混じったような様子。


その時は、引っ越しの準備や仕事で忙しい中、私なりに頑張って練習して行ったけど、そんなことは一言も言わなかったのに。

やっぱり演奏を聴けば、ちゃんと練習したかどうかわかるのですよね。


練習不足の言い訳をするのは嫌い。
演奏を聴けば、すべてわかってしまうから、言い訳なんて意味がない。


先生はやさしいので練習不足でも怒ったりしないけど、毎回、練習の大切さを根気よく静かに話してくれる。

どうやら私は教室でも1,2を争うくらい?世話のやける生徒らしい。
posted by かのん at 23:59| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。