2008年11月02日

吹奏楽祭と山猫合奏団

donguri.jpg

芸術の秋。
あちこちでイベントが催されています。
近所で吹奏楽祭が開催されていたので、ちょっと聴きに行ってきました。

ホルンやトロンボーン、トランペット、クラリネットなどのソロ演奏を聴きました。
ソロ、と言っていいのかな?ピアノを伴奏に吹奏楽器1人という形での演奏でした。

今まで吹奏楽器のソロ演奏をあまり聴いたことがなかったので、それぞれの楽器の音色をじっくり聴けてよかったです。わーい(嬉しい顔)

それにしても、吹奏楽器の奏者は入れかわり立ちかわりなのに、ピアノの伴奏は1人なんですよね。
1人で何曲も!すごいなぁ!

吹奏楽聴きに行って感心するポイントがズレているかもしれませんが、どうしてもピアノに目がいってしまいます。

さて、演奏を聴いた後、ロビーの掲示板で見かけたチラシの中で興味をそそられるものが・・・

山猫合奏団による宮澤賢治作「セロ弾きのゴーシュ」の朗読とピアノとチェロの演奏
11月18日 桶川市民ホール

おもしろそう!
宮沢賢治・ピアノと好きなものが揃っています。チェロも聴きたい!
でも、11月18日は都合悪くて行けない。残念です。もうやだ〜(悲しい顔)

山猫合奏団のホームページをチェックしてみたら、今までも何度も開催されているようなので、また機会があれば行ってみたいです。
posted by かのん at 22:55| Comment(2) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。